福島県の小鳥の森から自然情報をお知らせします。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
アリジゴク

南東北も梅雨入りしましたが、今のところ、まだ本格的に雨が続く感じではありません。

もし、雨が降ってしまうと、あずまなどで雨宿りすることもあるかもしれません。

 

あずまやの中で足元をよく見るとアリジゴクが見つかることがあります。
 

今日あずまやを訪れてみると、中はさらさらした砂地のせいか、アリジゴクの巣がたくさん見られました。

このくぼみにアリ🐜が落ちるとアリに砂をかけて登れないようにして、捕まえます。

 

 

ゆっくり砂をどけていくと中からアリジゴク(ウスバカゲロウの幼虫)が現れました。

砂と同じような色をしているので、かなりわかりずらいです。

 

ちょっと見やすいところで写真をとりました。

この大きな顎で落ちてきたアリを捕まえて、体液を吸うそうです。

なかなかの迫力でした

 

雨の季節となりましたが、ちょっと雨宿りの際に足元をご覧になるとアリジゴクに出会えるかもしれません。

 

*写真を撮った後は元のところに戻してあげました。

 

 

 

ゴマダラチョウが飛んでいます

気温が徐々に上がり30度を超す日もでてました。

ネイチャーセンター周辺ではゴマダラチョウが飛ぶようになりました。

特に晴れた日は食性のエノキ周辺でとても速いスピードで飛び回ってます。

まだ1頭しか見ていませんが、これから増えるのではないでしょうか。

 

(撮影するのも苦労するほど早い速度で飛んでいました。)

 

目が開きました

ネイチャーセンターで中継しているシジュウカラの続報です。

 

現在4羽の雛はスクスクと育ち、全て目が開きました。


 

羽根もだいぶ生えてきて、もうじき巣立ちを迎えるのではないかと思います。

 

巣の中で雛たちは、産座から出てうろうろしたり、羽をバタバタさせたりしています。

 

巣立つ場合は一気にみんなで巣から出るのわけではなく、一羽ずつ時間をかけて出て行きます。

いつ頃巣立ちを迎えるのか今から楽しみでもありますが、ちょっと寂しくも感じます。

 

 

 

巣立ちを迎えるころはまだ雛はしっかりと飛ぶことはできないことが多いです。

皆さんも誤って保護しないように注意してください。

目が開いていて、羽が生えていれば巣だちだと思いますのでご注意ください。

 

 

詳細は野鳥の会のホームページをご覧ください。

http://www.wbsj.org/activity/spread-and-education/hina-can/

 

白い花が目立っています

小鳥の森には、様々な樹種があります。

ちょうど今頃の季節は木々に咲く白い花が目立ちます。

 

ちょっと前まではウワミズザクラやホオノキの花がめだっていましたが、現在よく目立つのは、エゴノキの花です。

たくさんの花をつけています。また、マルハナバチの仲間もたくさん集まっていました。

マルハナバチの仲間はよっぽどのことがない限りは刺さない蜂なので、刺激をしないで、のんびりと観察してみてください。

 

その他にも、ヤマボウシやガマズミなどの花が目立ちました。

(ヤマボウシ 甘い実になると野鳥だけでなく、哺乳類のなかまも食べにくるようです)

 

(ガマズミ ちょっと前まではミヤマガマズミがさいていましたが、今はガマズミが最盛期です。とっても似ていますが、ガマズミのほうが花が咲くのは遅いようです)

 

 

この時期は不思議と白い花をよく目にするような気がします。

野鳥だけでなく木々の花にも注目して散策してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

すくすく育っています

小鳥の森のシジュウカラ情報ですが、現在スクスクと育っています。

 

だいぶ大きくなってきて、羽も生え始めました。

 

 

雛たちは、親の気配を感じると一斉に口を大きく開きます。

 

雛が大きくなってきたので、親鳥もだいぶ頻繁にエサを運んでくるようになっています。

 

雛は、食べた後にはすぐにフンをします。

そのフンは親鳥がくわえて遠くに捨てに行きます。

こんな様子を見られるのは今だけです。

 

 

残念ながら6羽いた雛ですが、現在4羽になっています。

自然は厳しいので2羽は残念ながら駄目だったようです。

 

この4羽が無事に巣立つと良いですね。

巣立つのは6月上旬頃だと思います。

 

 

 

シジュウカラの雛が誕生しました

一昨日から昨日にかけてシジュウカラの雛がうまれました。

7個の卵がありましたが、現在6羽の雛が誕生し、卵が一つ残っている状態です。

 

 

昨日はオスがイモムシを運んできて、メスに渡す様子などが観察されました。

 

 

現在、スクスクと育っていく様子を館内から見ることができます。

順調に育てば、6月上旬ころには巣立って行くと思います。

 

 

 

 

シジュウカラは抱卵をしています

前回紹介した中継しているシジュウカラですが、現在抱卵中です。

 

 

順調にいけば、20日前後頃にうまれるのではないかと予想しています。

 

シジュウカラは、卵を温めるのはメスだけなので、時々お出かけします。(エサを食べたり、水浴びしたりするため)

そんな時は卵を見ることができるチャンスです。

今回のシジュウカラは7個の卵をうみました。

 

 

現在ネイチャーセンターで中継中ですので、動いている映像をみたい方はぜひお越しください。

 

 

 

シジュウカラが卵をうみました

現在、小鳥の森ネイチャーセンターでは、巣箱の中を中継しています。

今年はなかなかカメラのついている巣箱を利用してくれなかったのですが、4月23日にシジュウカラが出はいりしている様子が見られ、4月25日には巣材を運んでいました。

 

(4月25日の様子)

 

その後、4月30日には卵を温める場所(産座)用のフワフワとした素材を運んでいました。

 

(4月30日の様子 巣材をくわえてやってきました)

 

そして、本日出勤してみると卵が2つうまれていました。

 

(5月2日の様子 卵が2つ確認されました)

 

1日に1つずつ卵をうむので、昨日からうみ始めたのではないかと思います。

順調にいけば今週末から来週頃に抱卵を始めると思います。

無事に巣立ってくれると良いですね。

 

 

夏鳥情報

小鳥の森の野鳥情報です。

今朝、4月22日に初認日となったアカハラを地面で一生懸命虫を探しているのを見る事が出来ました。

キビタキやコサメビタキなども園内で多く見るようになりました。

他の野鳥では、尾羽が曲がっているエナガが虫取りをしていました。

エナガの巣は小さく包まれた形状のなので、尾羽の長いエナガでは巣の中に長くいると尾羽が曲がってしまいます。

繁殖期時期にしか見られないエナガの姿ですので探してみてはいかがでしょうか。

(アカハラが4/22日初認しました。)

 

(尾羽の曲がったエナガが虫をくわえていました。)

キビタキが飛来しました

福島県の鳥「キビタキ」は夏鳥として春に飛来してきます。

福島市小鳥の森にもキビタキは飛来してきます。

4/19の朝、園内を巡回したところ、4羽のキビタキがいました。

今年の初認日となりました。

他にもコサメビタキも初認しました。

キビタキはオス同士で追い回し、縄張り争いをしているようでした。

今後園内で子育ての準備で忙しくなるのではないでしょうか。

 

※さえずりは早朝頻繁に行います。今はまだ木々も新芽を広げている最中なので、枝にとまっていても見つけやすい時期です。いつもより早めにバードウォッチングをすると出会えるかもしれません。

 

(キビタキの雄が周辺にいる別の雄とさえずりをして縄張り争いをしていました)