福島県の小鳥の森から自然情報をお知らせします。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
親水公園にコハクチョウが飛来しました

冬鳥の飛来が小鳥の森や親水公園の方でも確認するようになりました。

10/15にビンズイ(小鳥の森)、10/17にはジョウビタキ(小鳥の森)、

10/19にはコハクチョウ(親水公園)が確認できました。

ジョウビタキは昨年に比べると3日早く、コハクチョウ(ハクチョウの仲間)の飛来は3日遅い飛来となりました。

この時期のハクチョウの仲間は、福島市よりも南に移動する個体を見る場合もあり、

休憩で立ち寄る個体を確認する場合もあります。

個体数が増えたり、いなくなったりすることがあります。

10月、11月は冬の野鳥が身近な場所で出会える機会が増えてくると思いますので、この機会にバードウォッチングに出かけてみてはいかがでしょうか。

(ビンズイ:小鳥の森)

 

(ジョウビタキ:小鳥の森)

(コハクチョウ:阿武隈川親水公園)

 

 

 

 

 

小鳥の森と阿武隈川の野鳥情報

14日から最高気温が20度を下回るようになり野鳥の動きに変化を見るようになりました。

小鳥の森では、キビタキの移動個体の確認が時々あります。また15日の朝には冬鳥のシメの飛来を確認しました。

隣接する阿武隈川でも、冬鳥のオナガガモやキンクロハジロ、コガモなどの飛来が徐々に確認され、

河川敷の草地でノビタキの移動個体を確認しています。

福島市内では珍しいマガンも14日、15日の朝に移動している飛翔確認がありました。

10月に入り福島市内で冬鳥情報が徐々に増えているので、今後皆様の身近なフィールドでも

冬鳥を観察するのではないでしょうか。

 

 

(シメ:小鳥の森)

 

(キンクロハジロ:阿武隈川)

 

(ノビタキ:阿武隈川河川敷)

 

(マガン:阿武隈川上空)

 

 

ヒタキ科の日光浴

ここ1週間コサメビタキとエゾビタキをネイチャーセンター周辺で観察しています。

キビタキの幼鳥もこの数日移動個体と思われるものを見る機会がありました。

またカケスやヒヨドリの移動している群れも見るようになり、秋の訪れを野鳥から感じます。

 先に紹介したコサメビタキやキビタキは、26日に気温も暖かいためか、

下の写真のように一見ケガをしているのかなと思いますが、

羽を広げて地面や樹上で日光浴と思われる行動をしていました。

ネイチャーセンター周辺は日当たりのよい林縁部のためか、館内から見える斜面で何度か観察することが出来ました。

 

(コサメビタキの日光浴)

 

(キビタキ:幼鳥の日光浴)

 

 

 

秋の移動の季節になりました

9月15日にネイチャーセンター周辺でコサメビタキとエゾビタキを観察できました。

木や地面にとまり、素早くエサとなる虫を探していました。

なかなかゆっくりとみるのことが難しい野鳥なので探すのが大変かもしれません。

またちょうど今の時期は夏鳥の移動時期なので、町に近い公園や森でも偶然遭遇できるかもしれません。

たまたま昨日はお客さんと夕方館内から野外を見ていたので、偶然エゾビタキを見る事が出来ました。

(コサメビタキ)

 

(エゾビタキ)

 

 

シジュウカラの水浴び

やっと晴れ間の見える福島市になりました。

晴れの合間、シジュウカラが水浴びにやってきました。

 

現在は給仕台はお休み中ですが、雨が続いたせいで水飲み用の皿に水が溜まっていました。

 

シジュウカラの群れの中から1羽周りを気にしながら水場にやってきたかと思ったら、

 

豪快に水に入って水浴びを行っていました。

セミが鳴いたり、葉っぱが茂ったりと、なかなか野鳥を見るのが難しい時期ですが、じっくり観察するといろいろな野鳥と出会えると思います。

 

 

 

すくすく育っています

小鳥の森のシジュウカラ情報ですが、現在スクスクと育っています。

 

だいぶ大きくなってきて、羽も生え始めました。

 

 

雛たちは、親の気配を感じると一斉に口を大きく開きます。

 

雛が大きくなってきたので、親鳥もだいぶ頻繁にエサを運んでくるようになっています。

 

雛は、食べた後にはすぐにフンをします。

そのフンは親鳥がくわえて遠くに捨てに行きます。

こんな様子を見られるのは今だけです。

 

 

残念ながら6羽いた雛ですが、現在4羽になっています。

自然は厳しいので2羽は残念ながら駄目だったようです。

 

この4羽が無事に巣立つと良いですね。

巣立つのは6月上旬頃だと思います。

 

 

 

シジュウカラの雛が誕生しました

一昨日から昨日にかけてシジュウカラの雛がうまれました。

7個の卵がありましたが、現在6羽の雛が誕生し、卵が一つ残っている状態です。

 

 

昨日はオスがイモムシを運んできて、メスに渡す様子などが観察されました。

 

 

現在、スクスクと育っていく様子を館内から見ることができます。

順調に育てば、6月上旬ころには巣立って行くと思います。

 

 

 

 

シジュウカラは抱卵をしています

前回紹介した中継しているシジュウカラですが、現在抱卵中です。

 

 

順調にいけば、20日前後頃にうまれるのではないかと予想しています。

 

シジュウカラは、卵を温めるのはメスだけなので、時々お出かけします。(エサを食べたり、水浴びしたりするため)

そんな時は卵を見ることができるチャンスです。

今回のシジュウカラは7個の卵をうみました。

 

 

現在ネイチャーセンターで中継中ですので、動いている映像をみたい方はぜひお越しください。

 

 

 

シジュウカラが卵をうみました

現在、小鳥の森ネイチャーセンターでは、巣箱の中を中継しています。

今年はなかなかカメラのついている巣箱を利用してくれなかったのですが、4月23日にシジュウカラが出はいりしている様子が見られ、4月25日には巣材を運んでいました。

 

(4月25日の様子)

 

その後、4月30日には卵を温める場所(産座)用のフワフワとした素材を運んでいました。

 

(4月30日の様子 巣材をくわえてやってきました)

 

そして、本日出勤してみると卵が2つうまれていました。

 

(5月2日の様子 卵が2つ確認されました)

 

1日に1つずつ卵をうむので、昨日からうみ始めたのではないかと思います。

順調にいけば今週末から来週頃に抱卵を始めると思います。

無事に巣立ってくれると良いですね。

 

 

夏鳥情報

小鳥の森の野鳥情報です。

今朝、4月22日に初認日となったアカハラを地面で一生懸命虫を探しているのを見る事が出来ました。

キビタキやコサメビタキなども園内で多く見るようになりました。

他の野鳥では、尾羽が曲がっているエナガが虫取りをしていました。

エナガの巣は小さく包まれた形状のなので、尾羽の長いエナガでは巣の中に長くいると尾羽が曲がってしまいます。

繁殖期時期にしか見られないエナガの姿ですので探してみてはいかがでしょうか。

(アカハラが4/22日初認しました。)

 

(尾羽の曲がったエナガが虫をくわえていました。)