福島県の小鳥の森から自然情報をお知らせします。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
冬鳥が確認されはじめました

県内外で冬鳥の情報が入り始め、園内やその周辺でも冬鳥が確認されるようになりました。

 

園内では10月4日にカシラダカ、10月16日にジョウビタキなどを確認しました。

 

また、あぶくま親水公園ではマガモ、コガモ、オナガガモ、ヒドリガモなどの水鳥の飛来も確認しています。

 

これから徐々に冬鳥たちの姿がよく見られるようになると思います。

涼しくなった森の中で秋のバードウォッチングをしてみてはいかがでしょうか。

 

ジョウビタキ(2018年10月16日撮影)

エゾビタキを確認しました

 朝の気温が10度台まで下がるようになりました。

 今の時期に通過していくエゾビタキを今朝園内で見ることが出来ました。

 クマノミズキの実を5,6羽で食べ、時々けんかしている様子も見れました。

 その周辺ではシジュウカラやメジロ、エナガなどの混群も出来始め、その中には通過中のセンダイムシクイも混ざっていました。他にはカケスの通過もここ数日、小さな群れを確認しています。

 今は通過中の野鳥を偶然見る事があるので、毎日森を歩いていると、何に出会えるのか楽しみな時期になりました。

(エゾビタキがけんかをしていました。)

 

(センダイムシクイ)

幼鳥を見るようになりました。

ヤマガラやシジュウカラ、エナガ、コサメビタキなどの幼鳥を見るようになりました。

巣立ちして森の中で親鳥と共に行動をとる姿を見ることがありました。

まだ幼鳥は親鳥の様にエサ取りなどが上手くできないので、親からもらう様子も時々見かけます。

しかし私たち観察する方も長居してしますと、野鳥へプレッシャーを与えるます。

もし散策中に親子を見つけた際には近寄ったり、追いかけたりせず、マナーある観察を心掛けて下さい。

 

(シジュウカラの幼鳥)

 

(ヤマガラの幼鳥)

 

(コサメビタキの幼鳥)

サンコウチョウが飛来しました

小鳥の森にサンコウチョウが5月10日に飛来しました。

昨年と同じ日に初認となりました。

年々飛来する個体数が少ない傾向で、ここ2,3年は2羽見るかどうかという感じです。

今年来たサンコウチョウはまだ縄張りが定着していないため、どこに出てくるのかわかりません。

サンコウチョウは特徴のあるさえずりをオス、メス共に鳴きます。

「月・日・星・ホイホイホイ」という声を頼りにバードウォッチングしてみてはいかがでしょうか。

(サンコウチョウ:オス)

夏鳥がそろってきました

5月に入り、ネイチャーセンター周辺でキビタキやオオルリ、センダイムシクイ等のさえずりを朝に沢山聞いています。この時期に確認するクロジも多くみられています。

しかし今年の春は植物の生長が早く、葉が森を覆って野鳥を見つけるのがとても難しい感じがします。

また、小鳥の森で人気の高いサンコウチョウは昨年は5月10日に初認しています。

今年はまだ飛来していませんので、いつ頃確認できるか楽しみなところです。

(キビタキ:5月2日撮影

(オオルリ:5月2日撮影)

 

最近の野鳥情報

春に見られる野鳥の確認が増えてきました。

4/13にクロジ、ビンズイ

4/14にセンダイムシクイ

4/15にはコサメビタキ、ヤブサメ

を確認しました。

市内の山の方でもクロツグミの確認情報などもあり、

今後も増えてくるのではないかと思います。

 

(コサメビタキ)

最近の野鳥情報

4月に入り冬鳥が北への移動が始まり、徐々に少なくなってきたように感じます。

通過途中の確認もあり、3/27にヒレンジャク、4/4にイスカを観察しました。

また、夏鳥の飛来も3/19にイワツバメ、3/29にツバメ、4/6にアカハラを確認しています。

去年と飛来時期を比べると、10日ほど早い傾向になっています。今後も夏鳥の飛来情報が増えてくるのではないでしょうか。

キビタキやオオルリなどもこれから飛来してくると思うので、いつ頃飛来するのか楽しみなところです。

 

※今年は4/1〜3/31の一年間で小鳥の森で何種類の野鳥を確認できるかのイベント

「福島市小鳥の森 年間野鳥カウントチャレンジ2018」を開催中です。

 期間中ならいつでも参加できます。

 参加したい方は小鳥の森ネイチャーセンターまで是非お越しください。

 

 

 

 

(最近確認できた野鳥)

 

(イスカ)

 

(ツグミ)

 

(オオアカゲラ)

 

(メジロ)

 

 

ウソがいました

園内のコース沿いでウソがサクラの花芽を食べていました。

今年は飛来している数が少ないのか2〜5羽程度の群れしか確認していません。

これからの時期にウソの確認が多くなるので散策途中で頭の上からパリパリ

音がしたらウソに遭遇するかもしれません。

(花芽を一生懸命食べていました)

足跡

福島市内はだいぶ雪が融けてきていますが、小鳥の森のコースや路面は日陰が多いせいか、まだたくさんの雪が残っています。

路面も凍結していますので、お越しの際には気を付けてください。

 

雪の上には普段見ることのできない、哺乳類の足跡が残されていました。

 

(ニホンリス)

 

(ノウサギ)

 

雪で足元が不安定ですが、雪が降ることで、気づくことができる生き物がたくさんいます。

小鳥の森にお越しの際には、野鳥も良いですが、アニマルトラッキングもいかがでしょうか。

 

 

 

野鳥情報

 気温が冷え込む日が続き、年末年始の雪でトラツグミが広場にある赤い実を食べに来る姿を見るようになりました。連日トラツグミを撮影しているカメラマンを見かけています。

 特に積雪のある日には地上で餌探しが困難なので木に残っている実を食べに来ることが多くなります。

(ウメモドキやピラカンサの実を食べに来ていました)

 

 

 また森のコースでは、1月6日に園内での記録としては16年ぶりにオオマシコ10羽がハギやムラサキシキブの実を食べる姿を偶然見る事が出来ました。県内では毎冬所々で確認の話を聞いていましたが、小鳥の森では久々の確認となりました。

 今週になってからはほとんど見かけていないのでどこか別のところにいたのかもしれません。

(地上や木の上でエサを探していました)