福島県の小鳥の森から自然情報をお知らせします。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
すくすくと

ネイチャーセンター入口で枝のようなものが動いていたので近づいてみると、ナナフシ(ナナフシモドキ)の幼虫が歩いていました。

 

 

木の枝にいると、擬態しているのでどこにいるのか分かりにくいですが、木ではない場所でも枝が落ちているように見えるので、遠くからだと案外分かりにくいです。

 

また、草むらではオオカマキリの姿もよく見られるようになりました。

 

 

こちらもまだ幼虫。こんなに小さな体でもカマキリ自慢の前あし(カマ)で自分の体の半分ほどの大きな獲物を捕らえています。

 

涼しい日が続いていますが、昆虫の幼虫たちがすくすくと成長している様子を見ることができました。

夏の気配

雨の日が多く、外に出るのも嫌な梅雨時ですが、晴れ間には雨で活動が鈍っていた虫たちも活発に活動し出します。

 

園内ではクヌギやコナラからは樹液のでている木が増えてきており、多くの昆虫が集まっているのを見かけるようになりました。

 

まず見つけたのはスジクワガタのオス。この個体は体長20mmほどの小さな個体でした。

コクワガタとは大あご(はさみの部分)の形も異なり(コクワガタは小さい個体だと大あごの小さい歯はありません)、翅にはスジが入るのが特徴です。

 

スジクワガタ

 

また、別な木ではミヤマクワガタを見つけました。

 

ミヤマクワガタ

 

まだ翅の黄金色の毛が残っているため、羽化して外に出てきてから間もない個体だと思います。この毛は外で生活していると擦れて抜けてしまうため、この毛が生えそろった姿を見られるのも、夏の始まりの時期だけです。

 

梅雨時の晴れ間に夏のクワガタたちで夏の気配が感じられました。

 

※森の中を散策される際には樹液に集まっているスズメバチにご注意ください。

※小鳥の森での動植物の採集は禁止です。

梅雨入り

南東北も6月7日に梅雨入りしました。小鳥の森でもここ数日雨の日が続いています。

ネイチャーセンターの前では梅雨の時期らしくアジサイが咲きはじめました。

 

 

雨の日が続き、気温も低くく、生き物たちの気配もあまりないように思います。

しかし、森を歩いてみると意外と生き物に出会うことができます。

 

センター前のアスファルト道を歩いているとひらひらと蝶が舞い降りてきました。

 

ミズイロオナガシジミ

 

ミズイロオナガシジミです。

この蝶はゼフィルスという樹上性のシジミチョウの一種です。ゼフィルスは翅が緑色の金属光沢がある種類が多いですが、ミズイロオナガシジミは翅を開いても全体的に黒っぽい色をしています。

 

小鳥の森にはゼフィルスのなかまは他にアカシジミ、ウラナミアカシジミなどが生息していますが、いずれもこの梅雨時期に発生する蝶です。

 

気温や天候で梅雨を感じることが多いと思いますが、この時期ならではの蝶で梅雨を感じることができました。

虫の姿も

5月に入り昆虫の姿もよく見られるようになってきました。

 

5月に入ってまず出会ったのはコミスジ。

ミスジチョウの仲間は黒地に白い線が3本入るのが特徴。ふわふわと飛ぶ様子がかわいらしい蝶です。

 

コミスジ

 

 

コミスジを撮っていると濃青色の蝶が目の前を通り過ぎ、下草にとまりました。

トラフシジミです。

 

残念ながら羽を広げてはくれませんでしたが、羽の表の青色は鈍い光沢があり、なんとも言えない美しさがあります。

 

トラフシジミ

 

また、森の中ではヤマツツジが見頃をむかえ、カラスアゲハやクロアゲハが吸蜜に訪れる姿がよく見られました。

 

カラスアゲハ

 

これからのヒョウモンチョウ類、アカシジミやミズイロオナガシジミなどの平地性のゼフィルス類が出てくる季節が待ち遠しいです。

春の虫

カワセミの小径27番〜32番付近にある棚田ではシオヤトンボが飛び交っていました。

シオヤトンボはこの時期に羽化し、小鳥の森では春になると一番最初に見るトンボでもあります。

 

杭の上ではねを休めるシオヤトンボ♂

 

また、棚田の西側の草地ではキタキチョウ、ベニシジミ、ツマキチョウなどの蝶類も見られました。

 

吸蜜中のベニシジミ

 

これから虫の数が増えてくるのが楽しみです。

秋の気配が近づいてきました

9月に入り、騒がしく鳴いていたセミたちの声は聞こえなくなり、

かわりに秋の鳴く虫たちの声がよく聞こえるようになりました。

 

小径沿いを歩いていると、「コロコロリー」と鳴くエンマコオロギなどのコオロギ類、

「スイーッチョン」と鳴くウマオイなどのキリギリス類が出てくるかもしれません。

 

また、バッタ類や他の昆虫を狙うオオカマキリや真っ赤に色づいた赤トンボの姿も

目につくようになりました。

 

暑さも和らぎ、涼しくなった森の中を歩いてみると、季節の移ろいを感じられると思います。

 

草の中で獲物を待ち伏せていたオオカマキリ

アサギマダラを確認しました

カワセミの小径で移動中に訪れたアサギマダラを確認しました。

アサギマダラは長い距離を移動することが出来、

羽を広げると、薄青白い色がとてもきれいなチョウです。

翌日には見つけることはできませんでしたが、最近では市内での駅前で見かけたお客様も

いました。

園内でも、休憩や吸水などにこの時期に確認することがあるので、

散策途中で偶然に出会うことがあるかもしれません。

 

(沢の近くの地面で吸水していました)

真夏の虫たち

35度を超えるような猛暑日が続き、アブラゼミ、ミンミンゼミ、エゾゼミの鳴き声でよりいっそう夏の暑さを感じるようになりました。

 

ネイチャーセンターの周辺ではオオムラサキやヤマトタマムシ、オニヤンマなどの夏の虫が飛んでいるのを目にします。

 

これからも暑い日が続きますが、園内ではいろいろな夏の虫が観察できると思います。

 

散策される際はこまめな水分・塩分補給を忘れずに、木陰で休憩しながらの散策をお楽しみください。

 

(ネイチャーセンター前の地面で吸水するオオムラサキ)

 

※小鳥の森は動植物の採取は禁止です。昆虫や植物等の採取はしないでください。

夏の虫が見られるようになりました

鳥のさえずりにかわり、セミたちが鳴きだし、小径沿いではセミの抜け殻をよくみかけるようになりました。

 

これからは散策中、セミなど夏の虫が見られるようになると思います。

 

(ニイニイゼミが鳴いていました。)

 

※小鳥の森は動植物の採取は禁止なので虫取りや植物等の採取はしないでください。

ギンメッキゴミグモ

皆さん一度は、クモが巣にいるところを観察したこがあるのではないでしょうか。

 

さて、その時のクモは頭を上にしていたでしょうか?

それとも下向きにしていたでしょうか?

 

普通クモは、頭を下向きにして巣にいることが多いようです。

ところが、今回ネイチャーセンターで見つけたクモは頭を上にして巣にいました。

 

 

調べてみると、「ギンメッキゴミグモ」のようです。

ギンメッキゴミグモは普段から頭を上にして巣にいることが多いようです。

 

 

ギンメッキゴミグモは、その名のとおり、背中がギンメッキのような色をしてピカピカきれいです。

 

ネイチャーセンターの中から観察できますので、興味のある方はぜひお越しください。