福島県の小鳥の森から自然情報をお知らせします。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
雪が積もりました

小鳥の森では先週から雪が積もりました。

路面には、一部凍結している場所がありますので、車でお越しの際には運転に注意してください。

また、ネイチャーセンターまでは、坂道になっております。

滑りやすいので足元には十分ご注意ください。

 

さて、雪が降ると普段見る機会の少ない哺乳類が痕跡を残します。

炭焼き窯のある観察広場に行ってみると、ウサギとキツネと思われる足あとを見つけることができました。

 

けん・けん・ぱ とつくのがウサギの足あとです。

 

直線的につくのがキツネの足あとです。

 

雪が降ると、除雪作業は大変ですが、アニマルトラッキングなど普段できない楽しい体験をすることができます。

年末年始休館のお知らせ

本年は12月28日までの開館となります。皆様には小鳥の森を利用していただき誠にありがとうございました。

来年は1月4日より開館いたします。

 

2016年12月29日(木)から2017年1月3日(火)までは休館となりますのでご注意ください。

 

来年も色々な野鳥の情報を発信していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

 

 

また、現在ネイチャーセンターの外壁の修繕工事が行われております。

ネイチャーセンター外壁修繕工事期間は2016年12月20日〜2017年3月末までの予定です。

それに伴い工事の足場が組まれ、ネイチャーセンター内からは、屋外を見にくい状態になっております。

冬鳥のシーズンで楽しみにしている方々には大変ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

 

鳥インフルエンザについて

12月2日に福島市内で鳥インフルエンザに感染した疑いのあるオオハクチョウが見つかりました。

簡易検査で陽性反応が出たため、現在北海道大学で高病原性かどうかを調べています。

結果がでるまでは、数日から1週間くらいかかるそうです。

 

現在、ハクチョウやカモの仲間が集まる「あぶくま親水公園」では、立ち入りが禁止されております。

野鳥へ近づいたり、フンなどを踏んでしまったりすることで、人間がインフルエンザウィルスを運んでしまう危険性があるためです。

野鳥の糞が落ちているような水辺には近づかない、バードウォッチングの後にその足で養鶏場や飼育鳥に近づかないなど注意をしてください。

 

鳥インフルエンザは、現在ハクチョウやカモ、ガンなどの水鳥や、それを狙う猛禽類などで発症しています。

現時点では小鳥類では鳥インフルエンザの発症事例は出ておりません。

 

近隣には大規模な養鶏場などはありませんが、鶏やアヒルなどの家禽や動物園のコクチョウやシロフクロウなどでも発症していますので、ご注意ください。

 

 

 

 

鳥インフルエンザウィルスは、人間には過度な接触などがない限り感染しないと言われています。

冷静に対応することが大切だと思います。

 

ヒマワリの種を寄付して頂きました

 11月6日の10時に「福島あづまライオンズクラブ」様から寄付して頂いた

ヒマワリの種の贈呈式を行いました。

 冬の給餌場に来る野鳥に活用させていただきたいと思います。

 誠にありがとうございました。

(ネイチャーセンター内にて贈呈式を行いました。)

 

カエンタケが見つかりました

昨日小鳥の森の園内で『カエンタケ』が見つかりました。

 

カエンタケは食べることはもちろんのこと、触れるだけでも危険なキノコです。

とても稀なキノコなのですが、近年はナラ枯れの影響でよく発生するようになったと考えられています。

今回もコナラの根元で見つかりました。

 

園内で見つけても、絶対に触れないようにしてください。

 

 

 

 

タマゴタケを発見

9月に入りはいりましたが、まだまだ野鳥の声よりもセミの声がにぎやかです。

まだ暑さは残っていますが、吹いている風はだいぶ涼しさを感じるようになってきました。

そんな中園内を散策してみると、タマゴタケを発見しました。

 

 

タマゴタケは猛毒で知られるテングタケの仲間ですが、毒はなく食べることのできるキノコの一つです。

始め白い卵のようなところが割れて真っ赤なキノコが誕生する様子は、卵から生まれてくるようでとても神秘的です。

 

食用のキノコですが、園内では採取禁止ですのでご注意ください。

 

 

 

 

積雪10cmをこえました。
本日は全国的に雪の予報ですが、福島市小鳥の森でも朝方から雪が降りっぱなしです。

何度か除雪を行いましたが、すぐに真っ白になってしまいます。
明日の朝までにどの位積もるのか心配です。

現時点で既に積雪は12〜14cmくらい積もりました。
(除雪を行っていない所で)

また、雪が積もると倒木や落雪などの危険もあります。
園内をご利用の際には十分に注意をしてください。

 
皆既月食が見れました。
今回はいつもと違って、天体の観察のお話をご紹介します。
皆様も見たことと思いますが、10月8日の夜に小鳥の森で皆既月食を観察しました。
観察するには雲一つない快晴の天候でスタッフと仕事を終えた後に見ていました。
18:14頃から月の左下の方から地球の影が覆いはじめ、19:24頃に月全体が覆われて赤銅(しゃくどう)色という暗く赤い色の月を見ることができました。
次に綺麗な皆既月食が見られるのは、2015年4月4日の午後9時ころになるそうです。

他にも天体観察中に森からはムササビの「グルルルル」という声が聞こえたり、コウモリが飛んでいたりしていて、楽しい夜の観察でした。

(月の左下から欠け始めていました。)

(皆既月食と画面右側に小さく天王星が輝いていました。)

 
アオダイショウが泳いでいました
ネイチャーセンター近くの沼でアオダイショウが泳いでいました。



1mを超える大きさで迫力がありました。

アオダイショウは小鳥を襲って食べてしまうこともありますが、
彼らも生きていくために必死です。

自然は上手にバランスをとってたくさんの生き物が暮らしています。


 
積雪は50cmを超え、倒木などもあります
昨日からの大雪で本日の小鳥の森も積雪が50cmを超えています。
本日の段階でも除雪車がこちらまで来ていないので、車で来るのはほぼ不可能だと思われます。
イベントも雪のために中止にしました。
今回の雪は水分が多くとても重いために、倒木が多く、コースを塞いでいる個所がたくさんあります。
大変危険ですので歩く際には注意をしてください。




数日中には除雪車が来るかと思いますが、福島市内もいたるところで除雪が間に合っていないようです。
倒木の処理にも今回は本数が多いため時間がかかると予想されます。
大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願います。