福島県の小鳥の森から自然情報をお知らせします。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< シジュウカラの雛情報 | main | オカトラノオが咲いています >>
キクガシラコウモリがいました。
ネイチャーセンターは一見すると木造のようですが、実は鉄筋コンクリートでできています。
森の中にあるコンクリートの建物はコウモリにとっては洞窟のように感じるのでしょうか?

洞窟などをねぐらにしているキクガシラコウモリが、ネイチャーセンターにいるのを発見しました。



足の爪でしっかりとつかまり逆さまでぶら下がっています。

キクガシラコウモリは、独特の鼻の形からこの名前がついています。
普通、コウモリは口から超音波を出して獲物を捕まえたり障害物を避けたりしますが、キクガシラコウモリの場合は鼻から超音波をだします。
この不思議な鼻の形にも理由があるようですね。

なかなかコウモリを見る機会は少ないかと思いますが、夜に色々な昆虫を食べてくれることで、上手に自然のバランスが保たれているようです。





 
今日の昼過ぎ、家の前の道を、大きな動物が歩いていたので、驚いて見てみると、ニホンカモシカでした。信夫山に居ると言う話は聞いたことがありましたが、我が家は、信夫山から直線でも8キロ以上南東の住宅地。昼のひなかに、こんなところを歩いているとは。とっても驚きました。
ふたば | 2016/06/12 17:53
COMMENT









Trackback URL
http://fkotorinomori.jugem.jp/trackback/240
TRACKBACK