福島県の小鳥の森から自然情報をお知らせします。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< エナガが巣材を集めていました | main | 春を告げる花たち >>
「棚田と五本松池の野鳥」と「巣箱中継中」開始のお知らせ

3月9日のカワセミの小径では色々な野鳥に出会うことが出来ました。

棚田周辺ではカシラダカの群れやウグイス、トラツグミ、ツグミなどがいました。

また日中にもかかわらず、遠くからフクロウの声がひと声聞こえました。

 

他にも五本松池まで足を運んでみると、池の上空をオシドリの群れが飛んでいました。

オシドリは春季に小鳥の森では確認が時々あります。

 

(トラツグミが地面で餌を探していました)

(五本松池の上空をオシドリが飛んでいました)

 

 

 

 

最後にネイチャーセンターの館内では工事が終わりましたので、カメラを設置している巣箱の中継を3月9日より始めました。

モニターで確認したところ、すでに巣材が入っていて卵もひとつ産んでありました。

シジュウカラかヤマガラのどちらかはまだ判明していませんが、早朝に1つ産むので9日早朝だと思います。

シジュウカラやヤマガラは多いと10個くらい産卵することもあるので、産卵してからはほぼ毎日卵の数が増えていきます。卵は何個まで増えるでしょうか。

(画像中央よりやや上に白い卵があります)

 

 

COMMENT









Trackback URL
http://fkotorinomori.jugem.jp/trackback/279
TRACKBACK