福島県の小鳥の森から自然情報をお知らせします。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 紅葉が見ごろです | main |
冬鳥が徐々に増えてきました

ジョウビタキをはじめ、ツグミやシメなどを園内で確認するようになりました。

シジュウカラやエナガなどの混群の中にも、冬に高い山から下りてくるキクイタダキも混ざっていました。

この他にも、この時期に通過で立ち寄る野鳥も確認でき、散策していると鳴き声の少ない時期ではありますが色々姿を見ることが出来ました。

 

(ネイチャーセンター館内からジョウビタキを見ることが出来ました)

 

(林床で群れてエサを探していたクロジ)

 

(カシラダカは園内の開けた草地であちこらこちら見かけるようになりました。)

 

(シメが桜の木の上にとまっていました。)

 

(シジュウカラやヤマガラなどの混群にキクイタダキが一緒に餌探しをしていました。)

 

(ツグミは11/1に園内でこの冬初めての確認になりました。)

 

(移動中のイカルの小さな群れが飛んでいました。)

 

また、ネイチャーセンター周辺の給餌台は11月より開始したので、ヒマワリの種を食べにシジュウカラやヤマガラの姿を館内からも見ることが出来ます。

 

COMMENT









Trackback URL
http://fkotorinomori.jugem.jp/trackback/335
TRACKBACK