福島県の小鳥の森から自然情報をお知らせします。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ようやくその姿が・・・ | main | 夏の気配 >>
梅雨入り

南東北も6月7日に梅雨入りしました。小鳥の森でもここ数日雨の日が続いています。

ネイチャーセンターの前では梅雨の時期らしくアジサイが咲きはじめました。

 

 

雨の日が続き、気温も低くく、生き物たちの気配もあまりないように思います。

しかし、森を歩いてみると意外と生き物に出会うことができます。

 

センター前のアスファルト道を歩いているとひらひらと蝶が舞い降りてきました。

 

ミズイロオナガシジミ

 

ミズイロオナガシジミです。

この蝶はゼフィルスという樹上性のシジミチョウの一種です。ゼフィルスは翅が緑色の金属光沢がある種類が多いですが、ミズイロオナガシジミは翅を開いても全体的に黒っぽい色をしています。

 

小鳥の森にはゼフィルスのなかまは他にアカシジミ、ウラナミアカシジミなどが生息していますが、いずれもこの梅雨時期に発生する蝶です。

 

気温や天候で梅雨を感じることが多いと思いますが、この時期ならではの蝶で梅雨を感じることができました。

COMMENT









Trackback URL
http://fkotorinomori.jugem.jp/trackback/356
TRACKBACK