福島県の小鳥の森から自然情報をお知らせします。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 梅雨入り | main | すくすくと >>
夏の気配

雨の日が多く、外に出るのも嫌な梅雨時ですが、晴れ間には雨で活動が鈍っていた虫たちも活発に活動し出します。

 

園内ではクヌギやコナラからは樹液のでている木が増えてきており、多くの昆虫が集まっているのを見かけるようになりました。

 

まず見つけたのはスジクワガタのオス。この個体は体長20mmほどの小さな個体でした。

コクワガタとは大あご(はさみの部分)の形も異なり(コクワガタは小さい個体だと大あごの小さい歯はありません)、翅にはスジが入るのが特徴です。

 

スジクワガタ

 

また、別な木ではミヤマクワガタを見つけました。

 

ミヤマクワガタ

 

まだ翅の黄金色の毛が残っているため、羽化して外に出てきてから間もない個体だと思います。この毛は外で生活していると擦れて抜けてしまうため、この毛が生えそろった姿を見られるのも、夏の始まりの時期だけです。

 

梅雨時の晴れ間に夏のクワガタたちで夏の気配が感じられました。

 

※森の中を散策される際には樹液に集まっているスズメバチにご注意ください。

※小鳥の森での動植物の採集は禁止です。

COMMENT









Trackback URL
http://fkotorinomori.jugem.jp/trackback/357
TRACKBACK