福島県の小鳥の森から自然情報をお知らせします。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 側溝に落ちたもの | main | 徐々に >>
森の怪奇現象の季節

小鳥の森のアスファルト道沿いで青いどんぐりがついたままのコナラの枝先がたくさん落ちていました。

 

 

森の中ではこのような光景が何か所かで見られます。

一見、怪奇現象のように見えます。

 

しかし、これは風などによって自然に落ちたわけではありません。

実はこれ、ハイイロチョッキリという7〜9mmほどの小さな虫の仕業なのです。

 

ハイイロチョッキリ

 

この虫はどんぐりの中に卵を産むと、葉のついた枝先ごと切り落とすのです。

 

小鳥の森ではハイイロチョッキリが枝先を切り落とすのはちょうど季節の変わり目あたり。

この頃になると少し秋を感じるようになります。

 

今年もハイイロチョッキリによる森の怪奇現象の季節がやってきました。

COMMENT









Trackback URL
http://fkotorinomori.jugem.jp/trackback/361
TRACKBACK