福島県の小鳥の森から自然情報をお知らせします。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 吸水中 | main | 暗い森の中で >>
ネイチャーセンター内から

森の中もだいぶ涼しくなってきました。鳥の渡りの季節になり、各地で鳥の移動の情報が入るようになってきました。

 

小鳥の森でも渡りの途中の鳥が見られました。

旅鳥のエゾビタキです。エゾビタキは日本では通過で立ち寄るだけなので、この渡りの時期にしか見られません。コサメビタキに似ていますが胸に縦斑があるのが特徴です。

 

エゾビタキ(2019年9月15日撮影)

 

昨日はネイチャーセンターの観察窓から樹上でエサとりをしている姿を観察できました。

昨年のエゾビタキの小鳥の森での滞在期間は10日ほどでしたが、今年はどのくらい小鳥の森に滞在してくれるでしょうか。

 

また、今日は朝から雨が降り続いていますが、ネイチャーセンター周辺で久しぶりにキビタキが姿を見せてくれました。こちらもネイチャーセンターの観察窓から観察。低木の中でしばらくじっとしていました。雨宿りでもしていたのでしょうか。

 

キビタキ(2019年9月16日撮影)

 

来月には冬鳥の姿も確認できるようになります。夏鳥や旅鳥が見られるのもあと少しになってきました。

COMMENT









Trackback URL
http://fkotorinomori.jugem.jp/trackback/364
TRACKBACK