福島県の小鳥の森から自然情報をお知らせします。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 旅の途中 | main | まだ活動中 >>
全然わからない

暑さのピークを過ぎ、朝夕には涼しさも感じられるようになってきました。

 

夏を代表するアブラゼミやミンミンゼミの声は少なくなりましたが、まだまだ元気なセミもいます。小鳥の森では8月上旬〜中旬に羽化するツクツクボウシとチッチゼミです。

 

ツクツクボウシは目線の高さでも鳴く姿を確認できる時があるのですが、チッチゼミはいつも樹上にいるため声でしか存在がわかりません。体長は約3cmで日本の中でも小さいセミの一つですが、体の大きさの割には鳴き声が大きく、居場所は簡単にわかります。

 

そんな訳で「この辺りの木の上にはいる」とはわかっても、姿を確認することはできませんでした。しかし、声を頼りに探している途中で、飛び立った個体がとまったところを確認でき、ようやくその姿をとらえることができました。

 

 

近くで見るとやはりかなり小さく、しかも体色が黒いため、これでは枝にとまっていても全然わからないな...と改めて感じました。

COMMENT