福島県の小鳥の森から自然情報をお知らせします。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ネイチャーセンター周辺情報 | main | 秋の花 >>
アメリカザリガニを触ってみよう
  小鳥の森では館内にてアメリカザリガニを展示しています。
園内の池にもたくさんアメリカザリガニは生息していますが、
線量を配慮し、新潟産のアメリカザリガニを展示しています。
来た際には、うまく捕まえれるか試してみてください。

( ↑ 威嚇する時はバンザイをして身構ます。)

 ネイチャーセンター周辺で、オニヤンマが縄張りにしている個体がいました。道路を行ったり来たりと繰り返しています。中には夫婦で飛んでいる個体もいました。

( ↑ オニヤンマのカップルが木で一休みしていました。)

 また園内ではセミの大合唱中です。アブラゼミ、ニイニイゼミ、エゾゼミ、チッチゼミなどあちらこちらで鳴いています。
 夕方にはセミの羽化も確認しました。羽化中のセミの羽を触ってしまうと、羽が綺麗に広がることなく飛べなくなってしまいます。
 何年も土の中で幼虫として暮らし、羽化して成虫として1週間〜1ヶ月程度でセミは死んでしまいます。羽化しているセミを見つけたら、じっと触ることなく観察しましょう。

(※ 園内での動植物の採取は禁止です。マナーは守りましょう。)
 

COMMENT









Trackback URL
http://fkotorinomori.jugem.jp/trackback/41
TRACKBACK